トランクルームいろは

貸倉庫とトランクルームの違い

貸倉庫(レンタル倉庫)とトランクルームの違い

最近では、都内に限らず都心から離れた郊外でも、トランクルームを見る機会が増えてきました。貸倉庫(レンタル倉庫)とトランクルームの違いをご存じでしょうか?

貸倉庫(レンタル倉庫)とは

貸倉庫(レンタル倉庫)は倉庫業法に基づかないため、主に不動産賃貸借契として行なわれています。貸倉庫は住居の賃貸と同いものと考えられており、業者は内容物(預かった荷物)に対する保管責任を負わない場合が多いようです。

レンタル収納スペースなどの貸倉庫は規制を受けない自由なサービスである反面、事業者や利用者がともに気をつけなければ大きなトラブルを招きかねません。屋内と屋外にかかわらず、契約の際は条件を必ず確認する必要があります。屋外型の貸倉庫は比較的利用料が安いので、空調や気温に関係ないものを収納するなど、賢く利用すると良いでしょう。

トランクルームとは

トランクルームは商品ではない物品を預ける寄託契約であり、貸倉庫は不動産賃貸のサービス(場所を借りる契約)という違いがあります。トランクルームのサービスは、倉庫業法によって、国土交通省に営業倉庫の登録をしている業者のみ使うことができる呼び方です。トランクルームの契約方式としては月極のレンタルが多いというのが特徴です。

また、トランクルームは、倉庫業法に基づいて委託契約で行われ、物品の保管保証があるることが特長です。個人であれば、家財道具や書籍、美術品、季節ものの衣類・年に数回しか使わないアウトドア用品を預けると便利です。また、企業であれば、在庫品や書類保管など、オフィスの収納場所が足りない時の利用が便利です。

トランクルーム事業者(倉庫事業者)は、保管料等をきちんと定めて、国土交通大臣(地方運輸局長)に届け出をしており、保管料を営業所等に見やすいように掲示することになっています。トランクルームを見る機会が増えたこともうなずけます。

「優良トランクルーム」とは

トランクルームが増えている中で、その品質もさまざまです。そこで、国土交通省は「優良トランクルーム」という認定を発行するようになりました。

弊社のトランクルーム「収納番」も取得している「優良トランクルーム」の認定条件としては、倉庫の施設や設備などの構造基準や倉庫管理主任者の配置など、優良とされる一定の基準を満たしていることがポイントです。

また、「トランクルームサービス寄託約款」を定めて、トランクルーム利用者の保護をしていることも条件です。

これ以外にも、倉庫の場所や名称、保管方法をきちんと明示していることや、空調・定温・定湿・防火・セキュリティといった保管性能が明確であることがあげられます。

そして、トラブル発生時の相談相手や、保管期間中の入出庫指示を受けたりするための担当者が常駐しているということも、優良トランクルームであることの条件になります。

「倉庫の棚を箱単位でレンタルする」という発想の優良トランクルーム「収納場」をぜひご利用ください。