トランクルームいろは

トランクルームの書類保管箱

書類保管箱とは

書類保管箱は、それぞれの業者ごとに規格サイズのものが使われています。長年間保管できるように、丈夫なタイプのダンボールでつくられています。書類保管箱の表面には、保存ナンバーや梱包する中身や保存満期など情報を記載する欄があり、これによって書類の管理がしやすくなります。

増え続けるビジネス書類(請求書や経理伝票)、病院で記録されるカルテなどは長期間の保存義務があります。そうした書類の保管方法に困っていたり、見たい書類がすぐに見つからず管理に困っていたり、文書保管をしているスペースを有効活用したいと思っている企業や医院などにご提案したいのが、トランクルームの書類保存サービスです。

収納番の書類保管箱

弊社のトランクルーム「収納番」で使用している書類保管箱(規格ダンボールケース)のサイズはS1とS2の二種類があります。この規格ダンボールケースは、ガムテープなどを使用しなくても組み立てられるので、作業の手間が省けて便利です。

S1サイズは、奥行き:34cm×幅:40cm×高さ:30cmで、すきまなく収納すれば、単行本なら約60冊、文庫本なら約200冊が収まります。書籍を入れるのに向いているのがS1サイズの規格ダンボールケースです。

S2サイズは、奥行き:44cm×幅:33cm×高さ:26cmで、A4用紙で約5,000枚が収納できる大きさで、企業などで使用する書類などのファイルをそのまま保管するのに向いています。カルテの保管箱にもご利用いただけます。

もちろん、収納番の規格ダンボールではなく、お客様の会社独自の書類保管箱でも預けることができます。その場合は、別途お見積もりをさせて頂きますので、お問い合わせください。

気になる保管の価格

優良トランクルーム「収納番」への書類保管箱を預けるときの価格ですが、預ける箱の個数によって、異なってきます。

例えば、弊社企画の書類保管箱S1とS2を、5ケース以上預ける場合は、1ケース当たり月々240円となります。10ケース以上預ける場合は、1ケース当たり月々210円、50ケース以上預ける場合は、1ケース当たり月々180円、100ケース以上預ける場合は、1ケース当たり月々150円となります。(価格は税抜きです)

尚、入庫料と集荷料は無料ですが、出庫料と配送料は、別途、費用がかかります。

東京や埼玉で優良トランクルームをお探しなら、ぜひ収納番をご利用ください。