トランクルームいろは

賢い本の収納方法

賢い本の収納方法

ビジネス書籍や漫画、小説など、たまる一方の本が本棚にも納まらなくなったという時に使える収納方法がいくつかあります。

不織布の保管ケース

本の種類によっては市販の収納ケースが使えます。布製(不織布)の袋などは値段が安くて便利ですが、すきまなく本を入れておかないと傾いたりバランスを崩したりして、その状態で長期保存すると本が痛んでしまうことがあります。そのため、本を作家ごとやシリーズごとに保管するのにプラスチック製の収納ケースがおすすめです。

本や雑誌、漫画本はそれぞれサイズが異なりますので、サイズごとに収納ケースに入れるようにすると、本などがすっきりと収まって入ります。

収納し切れなかった本を、部屋の隅や押入れの中などに平積みして雪崩を起こした経験や安易にカラーボックスを、その都度、買い足していったためにサイズもデザインも統一感がなくなってしまったことがないでしょうか。そうならないためには、あらかじめ部屋に、たくさんの本を収納できる大容量の本棚を作っておくことも、賢い収納方法のひとつです。

収納方法の例

市販されている二段・三段・五段のボックスシェルフを使えば好きな数だけ、様々な向きに組み合わせて、壁一面に自由で使いやすい大容量の収納スペースを作り出せます。もちろん、高さのある収納スペースを作る時は、転倒防止のためにしっかりと壁や床に家具を固定しておく必要がありますので、心配なら取り付けだけでも専門家に依頼すると良いでしょう。

ボックス家具を積み重ねる方法以外には、壁と床に固定された頑丈な支柱に棚板を取り付ける方法があります。これらは圧迫感を感じない本棚にしたい場合に向いています。

すでに本棚がいっぱいになっていて、整理したいと思っている方

すでに本棚がいっぱいで、本や漫画が本棚の上に山積みになっている人もいることとおもいます。そういった本を整理するのに向いている収納方法は、まず、手持ちの本を見直す必要があります。残しておきたい本と不要な本に振り分けて、不要なものは処分します。

残しておきたい本の中で、コレクションして「飾っておきたい本」、「お気に入りの本」や「よく使う本」や普段、読まないけど「手元に置いておきたい本」、ほとんど読まないけれど貴重なものなので「保管しておきたい本」など、使用頻度や重要度別に分類していきます。

その中で、飾っておきたい本は本棚の高い位置に置いたり、お気に入りの本やよく使う本は本棚の中央部に置いたり、手元に置いて保管しておきたい本は一番下に収納したりすると良いでしょう。

コンパクトに本をまとめるような、理想的な収納方法はあるにせよ、本は読んで価値を発揮します。本を取り出しやすいところに収納することを前提としたいところです。

それでも本の収納場所が足りない場合は

いろいろな収納方法を駆使しても、本や漫画、雑誌などを収納しきれない場合は、トランクルームを活用することをお勧めします。

弊社が提供する、優良トランクルーム「収納番」では、箱単位で荷物を預けることができます。セキュリティにも力を入れておりますので、希少価値の高い本もしっかりと保管致します。

本の収納でお困りなら、ケイルートまでお電話をください。