トランクルームいろは

本の収納に困ったらトランクルーム

本の保管

トランクルームの活用例

都会などの住宅事情によって、近年、トランクルームの利用する人が増加しています。日本国内での引越しや自宅を整理する時に、引っ越し先の賃貸物件や持ち家に収納しきれない荷物があふれてしまうことがあり、それらを保管する場所としてトランクルームが選ばれています。

場所の確保

トランクルームは安全な収納場所を提供してくれるため、非常に便利なサービスです。トランクルームでは、個人だけでなく法人でも利用されています。個人が所蔵している本だけでなく、法人では業務を行なうことで増え続ける書類もトランクルームに預けることができます。

尚、個人の本の場合では、何度も読み返す本と大切に保管したい本に分けて、何度も読み返す本は自宅に残しておいて、大切に保管したい本はトランクルームに収納することで、乱雑だった部屋がすっきり整理できます。

引っ越しが多い人にも

頻繁に引っ越しを繰り返す人で、本を大量に持っている人であれば、ダンボール箱のままご自宅に放置されている方もいらっしゃることでしょう。引っ越しのたびに、大量の本のために住居費が割高になるようであれば、そのダンボールをトランクルームに預けられてはいかがでしょうか?

本の収納にトランクルームを

漫画本や文庫本など、日々に増えていくもの。自宅などの本棚に置ききれなくなった本の収納場所に困ったことはございませんか? 高層マンションに住んでいる場合では、大量の本を本棚にしまっておくと、地震が発生した時に倒れたり本棚が壊れたりする心配があるため、トランクルームを利用されている方もいらっしゃいます。

優良トランクルーム

トランクルームの中でも国土交通省から認定を受けた当社のような「優良トランクルーム」であれば、貴重な本の管理も安心して任せることができます。

優良トランクルームは、防犯カメラなど最新の機械警備システムや館内には非常ボタンを備えており、さらに大手警備会社と提携をして警備体制を強化しているところもあります。

本をダンボールに入れるときのポイント

本をトランクルームに預ける際、ダンボールに詰めていきますが、その時の入れ方のポイントです。本を背表紙が見えるように入れていく人が多いかもしれませんが、この方法では入れる時に本の帯が破れてしまうことがありますので、おすすめできません。

判型はなるべく揃えていきながら、本を4~5冊ずつをダンボール箱の角に合わせて収納していきます。ダンボールの箱を四つのスペースに区切って入れていく時は、冊数を揃えていくと表面が平らになるため本がすきまなく収納できます。

ただ、この入れ方では箱の中身が分かりにくいため、内蓋などに梱包したものについてのメモなどを書き記しておくと良いでしょう。

弊社のトランクルームなら、弊社指定のダンボールをご利用いただけます。ダンボールに大切な書籍や文庫本などを詰め終えたら、弊社まで集荷依頼をください。