トランクルームいろは

コミックの保管ならトランクルームがおすすめ

トランクルームでコミックの保管

大量に溜まったコミックの保管なら、ダンボールに入れてトランクルームに預けるのがおすすめ。トランクルームにもいろいろな種類がありますが、部屋を借りるタイプではなく、ダンボール単位で預けられるトランクルーム「収納番」なら格安で配送もしてもらえるので便利です。

コミックの収納はダンボールに

漫画をダンボールに入れるときは横で

コミックは読み終わったとしても、また読みたくなることがあるため、なかなか捨てられるものではございません。溜まってきたコミックが本棚を占拠してきて、保管に困ってしまうこともあります。

コミックが溢れてきたら、コミック用の保管ケースが市販されていますので、そのような収納グッズを利用することも考えられます。

もっと大量のコミックを収納するなら、結局のところ、ダンボールの利用がおすすめです。あまり読まなくなったコミックをダンボールに収納します。

また、コミックを収納した各ダンボールには、どのようなコミックが入っているのかを記載した紙を貼っておくと、外からでも分かりやすいです。

ダンボールに収納するメリット

ダンボールは、コストが安く、保管ケースと同様に積み重ねられるので便利です。また、トランクルームに預けようと思ったときに、すぐに持ち出すことができます。いくつもダンボールがある場合には、同じサイズのダンボールに統一しておくことがポイントです。

ダンボールが溜まったらトランクルームに保管

最近では都心でもトランクルームが増えてきました。トランクルームの種類には、主に、家の物置のように自由に出入りできるタイプと、箱単位で物を預けるタイプの2種類があります。

ダンボールが溜まってきたら、ダンボール単位で預かってもらえるトランクルームに依頼することが格安でおすすめです。

当社の優良トランクルーム「収納番」では24時間、常に温度のコントロールをしていますので、書類や書籍の保存・保管に適しています。通常のレンタル倉庫と違い、本の劣化の原因の一つであるカビの発生しにくくするような環境が常に保持されています。また、入出庫の際の急激な気温の変化を避けるために、季節ごとに温度を調整しています。

まずはお電話ください

優良トランクルーム「収納番」にコミックを預ける場合には、まずお電話をください。預けるコミックが多量の場合には、当社指定のダンボールをお送りいたします。また、お客様がご用意したダンボールで預けられる場合には、サイズや個数をお教えください。

大切な漫画をトランクルームに預けるなら、温度管理やセキュリティの行き届いた優良トランクルーム「収納番」にお任せください。東京や埼玉の指定エリアでは集荷が無料です。

お問い合わせ・ご相談・お見積もり